電子記録債権と手形割引とファクタリングの違い

債権の現金化の手段として類似しているように見える「でんさい(電子登録債権)」と「ファクタリング(売掛債権買取業務)」と「手形割引」はどのような共通点と違いがあるのでしょうか。まず最近出てきた電子記録債権(でんさい)の説明をしましょう。電子記録債権と言うのは、企業間の債権(売掛金など)を電子的に記録して管理する仕組みで、その債権の譲渡や割引も、パソコンやFAXを使って行なうことができます。そして「電子記録債権(でんさい)」を譲渡する場合、譲渡する企業は保証人になります。したがって、支払企業がその債権を支払う事が出来ない場合には、譲渡した企業は保証人として支払い義務を負うこととなります。

一方、ファクタリングについても売掛債権を現金化する方法として流行りつつあります。電子記録債権と同じで受取企業(商品等を納入する側の企業)は売掛債権を譲渡することができます。また、債権を譲渡することにより、受取企業は支払期日前に現金を受取ることができます。そして支払期日が来ると、支払企業の銀行口座から資金が引落とされて決済されます。最後にシステムを使って自動的に行う事が出来ます。

これだけを見ると電子記録債権とほぼ同じように見えます。しかし大きな違いとしては、電子記録債権は手形と同じで、手形のシステム版という仕組みになっていますので、不渡りが起きたりする危険性もあります。手形が便利になった、と言う事ですね。ファクタリングはこのように負債をかぶる必要がありませんので、財務諸表の健全化の上ではメリットが大きいと言えるでしょう。

電子記録債権と手形割引は基本は同じと思って頂いて結構です。ファクタリングの方が手数料などは高くなりますが、債権の現金化以外にもメリットはたくさんありますので、これからは電子記録債権(でんさい)よりもファクタリングの方が伸びてくると言われています。