手形割引とファクタリングの違いとは

よく手形割引と手形貸付、ファクタリングを混同していることも非常に多くなっています。確かに一見、説明を聞くと何が違うのか?と思ってしまうのもわかります。しかし実際にはまったく違いますので、手形割引と手形貸付、ファクタリングの違いについて教えてましょう。手形割引と言うのは、支払い期日前に銀行や割引業者へ手形を持っていき、手数料を差し引かれてキャッシュ化する事です。そして従来の期日には返却するという形をとります、手形貸付については、手形自体を担保にしてお金を借りる手段となりますので借入れとなります。そしてファクタリングも売掛債権を移動させる事には変わりませんが、ファクタリング業者が売掛債権を買取るので、返金する必要はありません。しかも手形割引ですと不渡りを起こす可能性がありますが、ファクタリングの場合は不渡りの可能性はあってもファクタリング業者が持ちますので危険度は一番少ないと言えます。その分、ファクタリング業者に支払う手数料は高めの設定となっているのが特徴です。

これが手形割引、手形貸付、ファクタリングの大きな違いになります。どれも一見同じような資金調達方法に思えますので、それぞれの特徴をしっかりと理解して自社にあった資金調達方法として利用する重要な事になります。