手形割引とは?どういう意味?

手形割引と言うのは、商業手形割引とも言います。この手形割引についてまとめてみたいと思います。手形割引と言うのは、会社(自社)が商品の提供、納品、サービスの提供、実施などを行った時にその対価としてもらう現金の代わりに手形として受け取る事があります。そこで手形割引とは、金融機関(銀行など)や金融業者がその受取手形を支払期日前に買い取って現金化することを「手形割引」を言います。手形割引とは、手形の期日前にキャッシュ化するわけですから、手形の期日までの金利(年利)を割引料として支払うことになります。また割引された手形は、期日に支払いをしてくれた金融機関に返す事になります。手形割引は期日前に手形から手数料を差し引かれてお金を借りるようなイメージになります。

そして手形貸付という制度もあります。これは読んで字のごとく、手形を担保に入れてお金を借りる事を指します。これは手形割引とはまったく意味が違ってきますのでネットなどで調べる時には注意をした方が良いでしょう。

手形割引と言うのは借金ではありません。あくまでも期日の前にキャッシュ化することで、後から支払いをしてくれた銀行や割引業者へ取り立てを言う形で決済をしなくてはなりません。キャッシュフローをあくまでも早める為に使われる手段となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。