ファクタリングの注意点

手形割引業者の注意点は以前教えました。ファクタリングを利用する場合も、手形割引業者のようなファクター社と言う物が存在します。このファクター社の選び方もまた注意が必要なのです。ファクタリングと言うのは、取引内容が実は少し複雑で、単に手形を割り引くというだけではありません。企業とファクター社だけで契約が成り立つ取引と、企業、ファクター社、取引先の3社で取引が成立する場合もあります。普通で考えれば、ファクター社と企業だけで済む手続きが良いのは当たり前だと思いますが、信用問題などやファクター社によっても、この取引方法には違いが出てきてしまうのです。

そこでまず企業とファクター社だけで取引を行ってくれるファクター社を見つける事が重要となってきます。また気になる手数料を明確にしているかどうか、という部分もしっかりと見極めなくてはいけません。売掛債権を譲渡する形を取るので、ファクタリングでは手数料が20%以上取られる業者もいるそうです。ここまで来ると、いくら売掛債権の回収リスクがないとは言え、20%以上も差し引かれてしまう事になるので大幅な利益のマイナスになる事も考えられるのです。

銀行などの子会社でもファクタリングを行っているところもありますが、それ以外のファクタリング専門業者にもなると手数料一つを取ってもまちまちですので、複数のファクター社に見積りを取るのが常套手段になるでしょう。またファクター会社によっては、現金化してくれる金額の限度額も違ってきますし、現金化出来るスピードも異なります。売掛債権の質(信用度)によってもどこまで債権を買ってくれるのかという部分も変わってきます。

こうした事を考えるとファクター社にもこちらの希望金額、日程などを明確に伝えた上で見積りを出してもらうのが良いでしょう。